読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斜的観測

ななめ45度からのゆるいつっこみ

iQOS、Ploom TECHより、断然「VAPE」がおすすめ!VAPEのコストまとめ

電子タバコ 電子タバコ-VAPE

電子タバコ(VAPE)に切替え、8ヶ月が経過しました。もちろんそれと同時にタバコも吸っていないので、禁煙も8ヶ月目となりました。少しの期間、タバコと電子タバコの2刀流でしたが、ニコチンリキッド導入後はタバコは一本も吸っていません。

そこで、コスパ厨のわたしが今現在の使用環境を備忘録的にまとめます。

タバコと比較して、電子タバコって価格的にどうなのよって、部分を中心に書いていきます。

電子タバコのイニシャルコスト

まずは電子タバコ(VAPE)本体ですね。最初はスターターキットがひとつあれば、すぐに始められるので、絶対的におすすめです。

特にいまのスターターキットは、かなり良くできているので、VAPE歴の長い方も、以外にスターターキットを持っていて、愛用されてる方が多いです。

おすすめは10,000円あたりの価格帯のものです。それ以下の値段だと、壊れやすいので、注意が必要です。

また、VAPE沼はかなり奥が深いので、中級者以上になると、リキッドを入れるアトマイザーに使用するコイルを手巻きで自作したりします。

わたしは単純に吸いたいだけで、面倒くさがりなので、手を出していません。お手軽に電子タバコを楽しむことに重点を置いています。

おすすめの電子タバコスターターキット3点

これから紹介する3点はVAPEを始めるにあたって、購入しても、まず後悔はしない。良品なので、超おすすめです。

まずはわたし自身が使用している、Aspire「Odyssey Mini Kit」です。これは味重視のアトマイザーといわれ、評判の良いTriton Mini Tank がセットとなってます。タンクからの液漏れも一度もありませんし、はっきり言ってわたしは神機だと思ってます。高性能なので、アトマイザーのTriton Mini だけを単品購入される方も多いです。

電子タバコのランニングコスト

おすすめのHILIQリキッド

さて、ここが重要ですよね。消耗品です。

まず、わたしのおすすめリキッドはHILIQ「トロピカルフォレスト」一択です。南国系フルーツ(特にパイナップル)味に、少し清涼剤が入っているので、フルーツの甘さから後味はスッとキレが良くて、大好きです。

また、常飲リキッドはやはり、日々使用するものなので、コストが非常に重要になってきます。

先日トロピカルフォレストの250mlを2本購入しました。ちなみにニコチン無しです。ニコチン入りだと、120mlの制限があるので、どうしても送料を含めると割高になってしまいます。

HILIQはニコチンリキッドも超激安価格なので、自分でニコチン濃度が3mg/mlになるよう、調合して、吸っています。

普通のタバコを吸っていた時代は1ヶ月15,000掛かっていたのに対し、いまでは800です!1ヶ月ですよ!どや!凄くないですか。これも、HILIQリキッドのおかげです。

あと、細かく言うとAspire「Odyssey Mini Kit」のコイル代が掛かりますが、これもAliexpressで購入すれば、1ヶ月150円です。

HILIQのレビュー&購入方法も書いてます

mkoba.hatenablog.com

 

 HILIQはこちらから;

www.hiliq.com


 

iQOS、Ploom TECH、VAPEコストまとめ

f:id:mkoba30:20160211020101p:plain

https://www.iqos.jp/

 

iQOSの本体価格は9,980円。クーポンやキャッシュバックありだと、4,600円割引となるので、5,400円ほどで購入できます。しかし、アイコス専用の葉たばこ「ヒートスティック」は20本入りで460円するので、結局コスト的には普通のタバコと変わりません。

Ploom TECHの本体価格は4,000円。しかし、かなりの品薄らしく、ヤフオクでは平均8,300円ほどで取引されているようです。消耗品のタバコカプセルは460円なので、ランニングコストはiQOSと差はないようです。

やはりコスト的には断然VAPE+HILIQのダブルコンボがおすすめです。まあ、いまはiQOSが人気なので、ユーザー数は多いでしょうが、いずれVAPEが追い抜くと、わたしは見ています。